2014年11月26日

141126

11月の木造建築学校は切削技術の話第2回
講師は鳴門教育大学の尾崎先生です。

IMG_2725.jpg
本当に楽しそうに、カンナの刃に働く力を
導く先生。

三角関数ってこんな風に使うもんだったのね。
数学が楽しいなんて思ったこと無かったけど
尾崎先生の講義には頭がついていこうとする
のがうれしく楽しく、はじめての経験。

「ではそろそろお願いできますか?」
といいながら、なにやら子どものように笑顔で
はしゃぎ始める先生・・・



講義の後半は、かいふの大工さん木内棟梁と
お弟子さんによる「カンナ講座」!!



IMG_2736.jpg
刃を研ぐ木内棟梁

IMG_2743.jpg
実演!

IMG_2730.jpg
いろんなカンナ

IMG_2751.jpg
ただ平らなだけでない「台」

IMG_2756.jpg
みんな交代で体験!!

IMG_2755.jpg
カンナくずいいにおい!ポケットに入れて
持って帰った人多し。私ももちろん。



IMG_2757.jpg
最後は質疑応答。

弟子に入るのはできたら中学卒業後すぐ
色気づく前が良い
普通の仕事なら5年でできるようになる
夏と冬では刃の硬さが違う
冬に調整しようとして地からいれ過ぎると割れる
硬い木に硬い刃はだめ
硬い木にはやわらかい刃
人とおんなじ
雨の日はゴジゴジする
晴れの日はシャッと切れる
人口乾燥材は節が硬くて削れない
キレイにならん
こさげたみたいになって調子悪い
熱を加えることで変性してしまっている
無心で研ぐことから始まる
無心で仕事をする練習・・・







posted by mokuken at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。