2012年07月25日

7/25議事録

日時:平成24年7月25日
場所:Aizyu Tokushima Basement
出席:網田、和泉、釜内、鎌倉、木村、小杉、後藤、佐藤(弘)、佐藤(恵)、早田、高田、高橋、中飯、松井、松田、宮田、宮本、森西、和田、内野

告知など
・木材学会の告知→建築士会CPD申請のこと

・「神山産天然絞丸太」・「美郷天しぼ丸太」パンフ配付

新県産材ブランドアップ事業へのアンケート募集
 乾燥材の備蓄へつながる、構造材情報共有システム構築への協力です。(8/3締切)

徳島県県産材利用促進条例へのパブコメ募集(8/24締切)

〇建築学校
・構造関係、渡辺さんも講師陣にお願いしては?
・Aizyu Tokushima Basementにホワイトボードの導入をお願いする。
・伐採ツアー11/17,18 植林ツアー3/16,17 決定!
・授業は毎回資料代500円お願いする。
・毎回CPD申請も。
・木研会員限定。参加したい方は入会してもらう。年会費2000円。
・時間割決定。広報してゆく。→広報WG

〇住宅耐震
・建具組合の協力、内諾いただいた。
・安価で、融通のきく耐震改修。性能を上げる簡易な改修。
・数値による証明までは求めない。
・金物との併用もあり。取り付け方が重要。
・生存空間を確保する。という考え。
・広縁の東南角にL型に壁を入れる、など実際の民家改修例。
・診断は3000円。具体的提案に時間とお金をかけても、結局無駄になること多し。

〇木と緑のフェア
・10/20,21
・「なまず大事」と協働?→協力はするが一部になることはしない。
・高地移転のイメージを木研でつくってみる。→その先にコンペなど
・国文祭と同日。
・香川の「ZENKON湯」徳島の「仮設住宅試行」あるものをまずは展示、シンポ。

〇情報交換
・「何故地域の木材を使うのか」わかりやすいメッセージを。
・一般の人が、「じゃあそうしよう」と思うような。意識を持ってもらえるような。
・全国初の徳島県県産材利用促進条例の文言も考えたい。
・社寺建築などでも、米松など外材はやられている。日本人が外国行くと調子悪くなるのと同じ。
・五感で感じる・・・

20120801212457_00001.jpg

20120801212457_00002.jpg

20120801212457_00003.jpg

20120801212457_00004.jpg
全国木材組合連合会四国支部

・ウッド通貨補助、30万、「ただ得した」でなく、講義を聞いてもらうとか。
・補助を受ける人を、伐採、植林ツアーに招待する!!
・県産材使うと運搬にエネルギー使わない→インセンティブを
・CO2固定量を認めて補助を。
・お金持ちは身銭切りたくない。地球環境も響かない。メリットがないと。
・小児科の先生とか、別の視点で話をしてもらう。化学物質云々。

IMG_6433.jpg
@Aizyu Tokushima Basement

次回は8月22日(水)
例会:18:00
講座:19:30〜21:00 木材の特性〜木材と水分、炭素固定〜
いよいよ始まります建築学校!!




posted by mokuken at 21:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内野様 みなさま
お世話になります。
国が準備している省エネ法が地域の木造住宅のあり方に大きな影響を与える可能性があります。前向きに対処していくためには、まず勉強する必要があると思います。木活協に協力をお願いして、木造研で勉強会ができないでしょうか。
新居照和
Posted by 新居照和 at 2012年08月03日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。