2011年11月20日

TSウッドの

和田さんから

「設計者の方、伐られて倒れる杉の声を聴きに来てください。」
「聴いた人と聴いてない人で違うはずです」
と、ことあるごとにお聴きしていて。

日曜の朝、東京からマイフローラでもんてきて、シャワーしてそのまま
南下。木沢村へ〜

これ、2列シートだからできるんやなあ。
昔の、シートもあまり倒れない夜行バスだと、東京往復して
もんた日なんて使い物にならんかったもんなア。疲れきって。






四季美谷温泉について、関西から参加の一般の方々とまずは
「紅葉狩り」。





111123-1.jpg
沢沿いを歩く。


111123-2.jpg
木々の間に輝くみなも。


赤や黄色に色づいた山に、金色の美しい姿が・・・

111123-3.jpg
「さるすべり」なんやね。なんか神々しいなあ。


111123-4.jpg
素堀りのトンネル越しに




で、みんなで一台のバスにのって、




111123-5.jpg
亀井林業さんの山で伐採見学!!


111123-6.jpg
倒す方向の根元をチェンソーで欠く。


111123-7.jpg
さらに欠く。

で、こんな風にチェンソーを直角に当てて、倒す方向を確認している
ようでした。


111123-8.jpg
風が強くて、楔打つ前に


111123-9.jpg
倒れる〜!!

計算どおり(チェンソーの人談(笑)の方向に倒れました!


111123-10.jpg
年輪を数える小学生。

「97歳〜!!」(笑


111123-14.jpg
今度のは?

楔打たせてもらったのでその部分の写真なし(笑


111123-15.jpg
おお〜


111123-16.jpg
杉の声が聞こえた後、

「どし〜ん!!」と、地響き。

う〜ん。
さっきまで自力でたっていたものが今は「もの」になってしまった。
ちゃんと使わないとな。「そんなこと思うんだろうな」と思っていた
通りのことを考えるンやけど。でも、ほんまにそうなんやなあと。

「伐り株に手を当ててみて下さい」
これも和田さんに言われていたことですが、やってみる。
「じわーっ」となんか。切断面やもんな。
人の声はもちろんしているけど。杉林の静けさの中で。


・間伐を何年かおきにして売るだけやなあ。
・苗木もってきて植えても、鹿が食べてしまうんよ。
・山全部にネットやはれんでえなあ。
・わしら山のもんは何年も前から、「雌も撃たんと鹿増えすぎて
 大変なことになる」いよったのに。
・国は、なんやら、保護じゃなんじゃいうていうこと聞かずに。
・いままた鹿の駆除に予算つけなあかんようになって・・・

・みつまたがいいらしい。鹿は食べないし。お札の材料にも。
・昔はおおきなトラック三台とか連ねて苗木をもってきよったけど
 いまや軽トラ一台でもすかすかしか・・・

「親戚に木沢できこりしよった人が」というと、
「Kさん?最近まできてくれよったなあ。」
「ああいう、下草刈ったり、『山の世話』してくれる人がもうおらん」


山下りて、


111123-11.jpg
鹿鍋!!


111123-12.jpg
おにぎりと。あったまる〜(笑


111123-13.jpg
仮設の野外食堂です(笑



これは、多くの人に経験してほしいツアーやナア。
前日からきて四季美谷温泉に泊って食事して、という2日コースもあります。
毎年やってますよ〜

あ、ほうじゃ春には「植林ツアー」もあります。
参加しよや!





111123-17.jpg
「大釜の滝」を見つめる看板の丸太(笑
posted by mokuken at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。