2014年07月17日

7/17空き家改修マニュアル整備WG

第一回WG会議が開催されました。
ついにスタートです。

昨年、大阪工業大学の活動に建築士会がサポート
に入る形で進められた古民家改修プロジェクトが
きかっけでした。

今年度から三ヵ年、佐那河内村が取り組んでゆく
「移住交流促進アクションプラン事業」のなかの
『空き家改修及び新築の手順及びデザインコード』
を、木研内のワーキンググループが受け持ちます。

ハードを考えるだけが設計者ではないなという
あたりまえな実感。ひとつのテーマを前に皆が
集まって意見を交わすことで再確認できます。

議事録はこちらから。


P7170819.jpg

P7170824.jpg
会議の様子。

役場の方々も参加してくださいました。始まり
ましたね。

ここで得たことはフルオープンにして、誰でも
どこででも使えることにするののげ基本です。
たたいてたたいて、使えるものにしましょう。


他の会議で出た話・・・
「新築はプレカットでええだろけど、リフォーム
は手刻みできる大工さんでなかったらどないも
ならんでよ」

ストック活用はモノだけではない。
活用するためには人がいるし技もいります。






posted by mokuken at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。